トップページ > 申請・受取方法 > マイナンバーカードを申請する > 顔写真のチェックポイント

顔写真のチェックポイント

顔写真について

赤い丸の上に顔写真の画像

サイズ

【郵送申請の場合】
【オンライン申請の場合】

注意
宗教上又は医療上の理由により、顔の輪郭が分かる範囲で頭部を布などで覆う写真を使用する方や、乳幼児、障がいのある方又は寝たきりの方等、やむを得ない理由により適切な規格の写真を撮影できない場合
下記のいずれかのご対応をいただくことで使用可能といたします。

適切な写真の規格

縦45、横35、写真の両端から顔の中心まで(横)17±2、顔縦34±2、頭の頂点から写真の上端4±2

単位:mm

適切な写真の規格の目安です。
マイナンバーカードには、縦2.75cm 横2.20cmに縮小して貼付されます。

不適切な写真の例

指定の寸法や規格を満たしていないものの例

  • 顔の位置が片寄っている
  • 顔が横向き
  • 顔が左右に傾いている
  • 椅子などの背景がある
  • 背景に影がある
  • 背景に柄がある

眼鏡やヘアバンドにより顔の一部が隠れているもの

  • 眼鏡のフレームが目にかかっている
  • フレームが非常に太く目や顔を覆う面積が大きい
  • 照明が眼鏡に反射している
  • 幅の広いヘアバンド等により頭部が隠れている
  • 帽子によって頭部が隠れている
  • サングラスをかけ人物を特定できない
  • 顔や頭の輪郭が隠れる装飾品等がある
  • 前髪が長すぎて目元が見えない/顔の輪郭が隠れる
  • 顔の器官が隠れる装飾品等がある
  • 頭髪のボリュームが大きく、顔の面積が小さいもの

人物を特定しにくいもの

  • 瞳がフラッシュ等により赤く写っている
  • 平常の顔貌と著しく異なる
  • 顔に影がある
  • ピンボケや手振れにより不鮮明

デジタル写真の品質にみだれがあるもの

  • ノイズ(画像の乱れ)がある
  • ドット(網状の点)やインクのにじみがある
  • ジャギー(階段状のギザギザ模様)がある
  • 変形やマスキング(縁取り)などの画像処理を施している
マイナンバーカードを申請する