地方公共団体情報システム機構: 地方公共団体情報システム機構(J-LIS)とは、都道府県・市区町村が共同して運営する組織です。

トップページ > マイナンバーカード交付申請 > 顔写真のチェックポイント

ここから本文です。

顔写真のチェックポイント

 

サイズ
(縦4.5cm×横3.5cm)

  • 最近6ヶ月以内に撮影
  • 正面、無帽、無背景のもの
  • 裏面に氏名、生年月日を記入してください
  • 白黒の写真でも可

  • 顔が横向きのもの。
  • 無背景でないもの。
  • 正常時の顔貌と著しく異なるもの。
  • 背景に影のあるもの。
  • ピンボケや手振れにより不鮮明なもの。
  • 帽子、サングラスをかけ人物を特定できないもの。

こういうのはやめてね。

注意

■やむを得ない理由により適切な規格の写真を撮影できない場合

乳幼児、障がいのある方又は寝たきりの方等で、やむを得ない理由により適切な規格の写真を撮影できない場合には、下記のご対応をいただければ、不備の対象としないようにいたします。

  • お住まいの市区町村に電話し、または来庁して、申請書IDを伝えてください。
  • 交付申請書の表面の氏名欄に「障がいがある」などの理由を記載して、交付申請書を送付ください。
  • 個人番号カードコールセンターに電話して、申請書IDを伝えてください。

適切な写真の規格


単位:mm

適切な写真の規格の目安です。
マイナンバーカードには、縦2.75cm 横2.20cmに縮小して貼付されます。

不適切な写真の例

指定の寸法や規格を満たしていないものの例

顔の位置が片寄っている

顔が横向き

顔が左右に傾いている

椅子などの背景がある

背景に影がある

背景に柄がある

 

眼鏡やヘアバンドにより顔の一部が隠れているもの

眼鏡のフレームが目にかかっている

フレームが非常に太く目や顔を覆う面積が大きい

照明が眼鏡に反射している

幅の広いヘアバンド等により頭部が隠れている

帽子によって頭部が隠れている

サングラスをかけ人物を特定できない

顔や頭の輪郭が隠れる装飾品等がある

前髪が長すぎて目元が見えない/顔の輪郭が隠れる

顔の器官が隠れる装飾品等がある

頭髪のボリュームが大きく、顔の面積が小さいもの

 

人物を特定しにくいもの

瞳がフラッシュ等により赤く写っている

平常の顔貌と著しく異なる

顔に影がある

ピンボケや手振れにより不鮮明

デジタル写真の品質にみだれがあるもの

ノイズ(画像の乱れ)がある

ドット(網状の点)やインクのにじみがある

ジャギー(階段状のギザギザ模様)がある

変形やマスキング(縁取り)などの画像処理を施している

ページの先頭へ戻る