地方公共団体情報システム機構: 地方公共団体情報システム機構(J-LIS)とは、都道府県・市区町村が共同して運営する組織です。

トップページ > マイナンバーとは

ここから本文です。

マイナンバーとは

公平・公正な
社会の実現

所得や他の行政サービスの
受給状態を把握しやすくなる
ため、負担を不当に免れる
ことや給付を不正に受ける
ことを防止するとともに、
本当に困った方にきめ
細やかな支援を行う
ことができます。

行政の効率化

行政機関や地方公共団体などで、
様々な情報の照合、転記、入力
などに要している時間や労力が
大幅に削減されます。
複数の業務の間での連携が進み、
作業の重複などの無駄が
削減されます。

国民の利便性
の向上

添付書類の削減など、
行政手続きが簡素化され、
国民の負担が軽減されます。
行政機関が持っている自分の情報を
確認したり、行政機関からの様々な
サービスのお知らせを
受け取ったりできます。

マイナンバーとは行政を効率化し国民の利便性を高め公平公正な社会を実現する社会基盤です。

住民票を有する全ての方に1人1つの番号をお知らせして、行政の効率化、国民の利便性を高める制度です。

マイナンバー制度についてはこちらをご覧ください
マイナンバー(社会保障・税番号)制度について - 内閣官房ホームページ

ページの先頭へ戻る