トップページ > 個人番号通知書および通知カードについて

個人番号通知書について

1個人番号通知書とは

個人番号通知書

個人番号通知書の見本

個人番号通知書

個人番号通知書とは住民のひとりひとりにマイナンバー(個人番号)を通知するものです。

書面には「氏名」「生年月日」と「マイナンバー(個人番号)」等が記載されています。
個人番号通知書は「マイナンバーを証明する書類」や「身分証明書」として利用することはできません。

注意

一般的な本人確認の手続きにおける個人番号通知書の取扱いについて(特に事業者の方へ)

個人番号通知書は、ご自身のマイナンバーをお知らせするために送付しているものであり、「マイナンバーを証明する書類」や「身分証明書」として利用することはできません。一般的な本人確認の手続きにおいて利用しないようお願いします。

2個人番号通知書のお届けについて

個人番号通知書は令和2年5月25日以降、住民票に登録されてから2~3週間程度で簡易書留にてお届けいたします。

住民票の登録を済ませたうえでまだ届いていない方は、お住まいの市区町村へご相談いただくようお願いします。

※個人番号通知書は簡易書留で届きますが、ご不在の場合は郵送物等ご不在連絡票が入りますので郵便局での保管期限内に、ご不在連絡票に基づき再配達等の手続きをお願いします。

再配達のお申し込みはこちら[外部リンク(日本郵便株式会社ホームページ)]

 

3送付物の内容

個人番号通知書

・個人番号通知書(対象者分)
対象の方のマイナンバー(個人番号)をお知らせする書類です。

①音声コードについて
音声コード(Uni-Voice)は2次元バーコード「音声コード(Uni-Voice)」を音声コード対応の携帯電話、音声コードに対応したアプリケーションをインストールしたスマートフォンで読み込むことで音声コード内に収められた情報を音声で読み上げることができます。

【音声コード読取内容】
あなたのお住まいの市区町村から、あなたの12桁の個人番号(マイナンバー)を記載した個人番号通知書と、マイナンバーカード交付申請書を送付します。
あなたの個人番号は、〇〇〇〇 〇〇〇〇 〇〇〇〇です。
社会保障・税・災害対策における各種手続において、本人確認とともに、 マイナンバーの記載・確認を求められます。
マイナンバーカードは、マイナンバーの証明、公的な身分証明書、各種行政手続きのオンライン申請など多様なメリットがあり、無料ですので、ぜひ交付申請をお願いします。
詳細につきましては、マイナンバー総合フリーダイヤル0120-95-0178までお問い合わせ下さい。

個人番号カード交付申請書

・個人番号カード交付申請書(対象者分)
公的な身分証明書となる、マイナンバーカードの交付を申請するための書類です。申請は、スマートフォンやパソコンからのオンライン申請も可能です。

マイナンバーカード交付申請についてはこちら

送付用封筒

・個人番号カード交付申請書の送付用封筒(1通につき1部)
記入いただいた交付申請書を郵送いただくための封筒です。
切手の貼付は不要です。

送付用封筒の裏面のご確認点をチェック頂き、住所・氏名を記載の上、ご送付ください。

【ご確認点】

  • 申請状況を問い合わせる際は、申請書IDが必要です。
  • 適切な顔写真を貼りましたか?
  • 申請日、申請者氏名(自署)等の記入漏れはありませんか?
  • 個人番号カード交付申請書以外のものを同封していませんか?

※ 送付用封筒の差出有効期限が切れている方、送付用封筒を追加で欲しい方へ
こちらから差出有効期限が2022年5月31日までの封筒材料をダウンロードできます。

封筒材料のダウンロードはこちら

 

ご案内

・ご案内(1通につき2部)
マイナンバー(個人番号)及びマイナンバーカードの交付申請について案内している冊子です。

4個人番号通知書の利用用途

ご自身のマイナンバーをお知らせするために送付しているものであり、一般的な本人確認の手続きにおいては利用できません。

5個人番号通知書を紛失したら

個人番号通知書を紛失した場合、個人番号通知書の再発行はできません。
マイナンバー(個人番号)を確認するためには、マイナンバーカードを取得すること、またはマイナンバーが記載された住民票の写しを取得すること、もしくは住民票記載事項証明書を取得することのいずれかが必要です。

※個人番号通知書を拾得された場合は、最寄の警察署または交番へお届けください。

通知カードについて

1通知カードとは

通知カードとは住民のひとりひとりに個人番号を通知するものです。

券面イメージ

通知カード

通知カード

通知カードは、紙製のカードで、住民にマイナンバー(個人番号)をお知らせするものです。

券面にはお住まいの市区町村の住民票に登録されている「氏名」「住所」「生年月日」「性別」と「マイナンバー(個人番号)」等が記載されています。

ただし、顔写真は記載されておらず、通知カードを使用してマイナンバーの確認と本人確認を同時に行うためには、別に運転免許証や旅券等の本人確認書類が必要となります。

注意

一般的な本人確認の手続きにおける通知カードの取扱いについて(特に事業者の方へ)

※「通知カード」は、令和2年5月25日以降は、新規発行や再交付は行いませんが、カードの申請はそのままで引き続き可能です。

※通知カードをお持ちの場合、通知カードに記載された氏名、住所等が住民票に記載されている事項と一致しているときは、引き続き通知カードをマイナンバーを証明する書類として使用できます。
 5月25日以降、氏名、住所等の記載事項の変更がある方は、マイナンバーカード又はマイナンバーが記載された住民票の写し若しくは住民票記載事項証明書でマイナンバーの証明が可能です。

※既に交付された通知カードを紛失した場合は市区町村への届出が必要となります。

※既に通知カードの交付を受けている方がマイナンバーカードの交付を受けるときには、通知カードを市区町村へ返納していただく必要があります。

2送付物の内容

通知カード

・通知カード(世帯人数分)
お住まいの方お一人お一人の個人番号をお知らせするカードです。

交付申請書

・個人番号カード交付申請書(世帯人数分)
公的な身分証明書となる、マイナンバーカードの交付を申請するための書類です。
申請は、スマートフォンやパソコンからのオンライン申請も可能です。

マイナンバーカード交付申請についてはこちら

音声コード及び申請書ID控

・音声コード及び申請書ID控
通知カードに関する説明をデータ化した視覚障がい者音声コードと交付申請書の申請書IDの控です。
切り離して、マイナンバーカードが交付されるまで保管してください。

※ 音声コード(Uni-Voice)の読み取りについて
2次元バーコード「音声コード(Uni-Voice)」を音声コード対応の携帯電話、音声コードに対応したアプリケーションをインストールしたスマートフォンで読み込むことで音声コード内に収められた情報を音声で読み上げることができます。

【音声コード読取内容】
あなたのお住まいの市区町村から、あなたの12桁の個人番号(マイナンバー)を記載した通知カードと、個人番号カード交付申請書を送付します。
あなたの個人番号は、○○○○○○○○○○○○です。
平成28年1月から、社会保障・税・災害対策における各種手続において、本人確認とともに、個人番号の記載・確認を求められることとなります。
通知カードは、個人番号を証明するための手段となりますので、大切に保管してください。
また、個人番号カードは、個人番号の証明に加えて、多様なメリットがあり、当面無料でもありますので、ぜひ交付申請してください。
詳細につきましては、個人番号カードコールセンター0570-783-578までお問い合わせください。

送付用封筒

・個人番号カード交付申請書の送付用封筒(1通につき1部)
記入いただいた交付申請書を郵送いただくための封筒です。
切手の貼付は不要です。

送付用封筒の裏面のご確認点をチェック頂き、住所・氏名を記載の上、ご送付ください。

【ご確認点】

  • 適切な顔写真を貼りましたか?
  • 申請日、申請者氏名(自署)等の記入漏れはありませんか?
  • 通知カードと音声コード及び申請書ID控は切り離しましたか?
  • 個人番号カード交付申請書以外のものを同封していませんか?

※ 送付用封筒の差出有効期限が切れている方、送付用封筒を追加で欲しい方へ
こちらから差出有効期限が2022年5月31日までの封筒材料をダウンロードできます。

封筒材料のダウンロードはこちら

 

ご案内

・ご案内(1通につき1部)
マイナンバー及び交付申請についてご案内している冊子です。

※「通知カード」は、令和2年5月25日から「個人番号通知書」に変わりました。通知カードに同封されていた個人番号カード交付申請書と個人番号カード交付申請書の送付用封筒については、令和2年5月25日以降も引き続き使用することができます。

3通知カードの利用用途

行政機関の窓口等でマイナンバー(個人番号)を求められた際に利用可能です。
ただし、本人確認を行うために運転免許証等の書類の提示が必要となります。
なお、マイナンバーカードの交付を受ける場合、通知カードは市区町村に返納しなければなりません。

※「通知カード」は、令和2年5月25日から「個人番号通知書」に変わりました。
 通知カードをお持ちの場合、通知カードに記載された氏名、住所等が住民票に記載されている事項と一致しているときは、引き続き通知カードをマイナンバーを証明する書類として使用できます。
 5月25日以降、氏名、住所等の記載事項の変更がある方は、マイナンバーカード又はマイナンバーが記載された住民票の写し若しくは住民票記載事項証明書でマイナンバーの証明が可能です。

4通知カードを紛失したら

通知カードを紛失した場合、通知カードの再発行はできません。
マイナンバー(個人番号)を確認や証明するためには、マイナンバーカードを取得すること、またはマイナンバーが記載された住民票の写しを取得すること、もしくは住民票記載事項証明書を取得してください。
なお、通知カードを自宅で紛失された方は、お住まいの市区町村窓口に紛失した旨を届出してください。
通知カードを自宅外で紛失された方は警察へ遺失の届出をしてください。

※通知カードを拾得された場合は、最寄の警察署または交番へお届けください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。